車のフロントガラスに傷がついた場合の対応

ある日突然やってくるフロントガラスの傷やヒビ

走行中に車のフロントガラス「バシッ」という音がしたかと思うと、フロントガラスに残る白い斑点。最初は鳥の糞かと思いウォッシャー液を出してワイパーを動かしてみるがいっこうに取れる様子もない汚れ。

仕事を終えて自宅に帰ってみてもまだついているので、カー洗車用スポンジでゴシゴシとフロントガラスを吹いてみるが何かひっかっかる。よく見ると鳥の糞ではなくて、傷が入っている。少し不安になるが、運転の邪魔にもならないしまあいいかと考えてしばらくそのまま乗り続けていると傷から何やら線が伸びていた。

どうやらヒビの様です。

こんなときどうすればいいのか?フロントガラスっ修理ができる部品なのか全部交換しないといけないのかよくわからない。どこに頼めばいいのかも分からないし、ましてやいくらくらいの費用が掛かるかも全く分からない。

​始めてフロントガラスの飛び石被害に遭った場合は、どうすればよいか分からず、後手に回っている内にヒビがどんどん伸びてゆくものです。

フロントガラスに傷やヒビがはいったらまずどうするか

フロントガラスに傷やヒビが入ってしまった場合、対処する方法には

  • 傷のリペア

  • フロントガラスの交換

の2つの方法があります。

費用面から考えると傷のリペアの方が安くできます。

ただフロントガラスの傷のリペアを行うには、条件があり、修理が後手に回るとできなくなる場合があるので気を付けましょう。

フロントガラスの傷のリペア条件は、ショップによる差もありますが、おおよそ500円硬貨で傷が隠れる程度の大きさならリペア可能です。

大きさ以外の条件としては、傷の深さと汚れに侵入があります。フロントガラスは、保安基準上、合わせガラスを使用するように決められていますが、合わせガラスの中間膜を超える深さの傷は、リペアができません、また傷の中に汚れや雨、洗車などした場合の薬剤が混入した場合も、リペア不能となります。

リペアができない場合はフロントガラスの交換で対応

フロントガラスのリペアが不可能な場合は、フロントガラスの交換が必要になります。

この場合でも、やはりできるだけ安く時間も使わずに行いたいものです。

交換できるフロントガラスは、大きく分けて、

  • メーカー純正フロントガラス

  • 社外国産フロントガラス

  • 海外輸入フロントガラス

  • 中古ガラス

の4種類があります。メーカー純正フロントガラスは、新車に取り付ける部品と同等の品質と機能を持っていますが、かなり高額です。(部品代だけで10万円超え)

社外国産フロントガラスもそれに準じます。

中古ガラスは、廃車となった車から取り外した部品ですので一般の方がフロントガラスを交換する場合にはあまり使用しません。

残りは、基本的な品質と機能を持つ海外輸入フロントガラスになります。

価格もかなり安く、日本で使うためJIS規格に準拠した製品なので品質的にも安定しています。

この海外輸入ガラスを使用したフロントガラス交換は、お近くのカーショップでも取り扱っていますが、結局は、自動車ガラス専門店へ外注に出すことになるので、直接自動車ガラス専門店へ持ち込んだ方が安くなりますが、一般の個人を対象にしたお店が少ないことから、一般になじみがなくどこにあるのかも分からない場合がほとんどです。

​そこで、お勧めのサービスは、新品のJIS規格準拠の輸入ガラスを使用し自動車専門店スタッフをご自宅まで出張手配してフロントガラスを交換してくれるサービスです。全国展開していて電話で作業日を予約できるようですのでお電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか?