検索
  • admin

どこで何を学ぶか~1

最終更新: 5月8日

コロナ感染の拡大で、本来は数年かかる働き方が劇的に変化しました。

総務省を中心として普及促進に取り組んできたテレワークも必要性に迫られて一気に普及し始めました。


しかしテレワークは、あくまでも被雇用者(会社員)の働き方の一形態というだけで、雇用されて生きるということには変わりありません。


コロナ後の世界は、政府が2019年4月1日から順次施行してきた「働き方改革関連法」の範囲を超えて大きく変革していくことが予想されます。

雇用される働き方が当たり前ではない世界に移行します。


どこで学ぶか


働き方改革として整備されたネットワーク環境は、個人でも活用できます。 本気で学ぼうとすれば、どこでも学ぶことが出来ます。

AIやブロックチェーンといった技術に関しても、能力を持つ個人が仲間を集め、googleやamazon apple IBMなど大企業が提供するリソースを活用して多くのサービスを提供し始めています。


サービスの中には、個人に技術を教え組織の戦力としていこうとするものもあります。

これらのサービスを利用し技術を習得し、自分独自の新たな発想によるサービスを開発することも可能ということです。


コロナ後の世界では、この動きは更に加速していくことが考えられます。

実力をつけることは、どこででもできます。

行動をするかしないかは、自分次第ということです。


独学リンク

JMOOC -無料で学べる日本最大のオンライン大学講座(MOOC)


社会人のためのデータサイエンス入門|総務省統計局

IT人材のスキル/経験を可視化する成長プラットフォーム。


10秒ではじめられる人工知能学習サービス


無料で学べるビジネス動画メディア 「Seminar Shelf」エンジニア・情シス向け


Red Hatテクノロジーを基盤とするIBMの次世代ハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォーム


Python&AI・機械学習を無償の記事で学ぼう! @IT連載まとめ

22回の閲覧

サイトの運営受託サービス|システム開発コンサルティング

    TEL: 03-4590-1504
    FAX: 03-5777-4861